アメリカでAT&TのSIMカードを契約してみました〜手続きの流れ〜

海外でもスマホを使いたい方へ。

どうもこんにちは。突然ですが皆さん、海外の見知らぬ地で、知りたいことがあるときどうしてますか?Google Mapなどの地図やバスの乗り方に運賃、または美味しい食べ物を探したりと、簡単に旅先で検索できたら便利ですよね。もちろん旅先から友達にLINEしたりとかも。

今回は旅行シリーズ第1弾ということで、アメリカでもSIMカードを契約して、スマートフォンでインターネットを使えるようにする手順を描きたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ

AT&T GO Phone(プリペイドSIM)契約

まずはスマートフォンを用意

用意と言っても実は日本に住む多くの人の場合、ただ単に今使っているスマホをそのまま海外で使えるわけではありません。というのもau、ドコモ、ソフトバンクなどの携帯キャリアが販売する端末は自分のところでしか携帯通信できないようにしているからです。

この場合は、別途SIMフリーと呼ばれるスマートフォンを用意する必要があります。かと言って全てのSIMフリースマホが海外で使えるかというとそうでもないのですが、詳しい話はあまりにも長すぎるのでここでは割愛します。

今回、アメリカ(ハワイ州オアフ島ホノルル)で僕はASUSのZenfone 2 Laserを使ってみましたが、海外全国で使うならApple StoreでSIMフリーのiPhone買うのが一番オススメです。zenfone2laser3

また、現地のAT&Tでスマホを買うのもいいかもしれません。ここのスマホなら何も気にする必要はありませんし、60ドル80ドル程度のもあるので、お土産にもなります。ただ日本で使うのには多少問題があるので、そこは現地用として割り切って考えてください。

AT&T-GOSIM1

AT&Tのショップへ行こう

今回僕はハワイのAT&Tを訪れたのですが、とりあえずハワイでのAT&Tの説明を書きます。ただし契約の方法は本土でも変わらないのでやり方さえ真似していただければ大丈夫です。

ハワイで一番身近な携帯ショップはおそらくアラモアナショッピングセンター内にあるAT&Tのショップでしょう。(写真撮り忘れたのですがこんなマークのお店)

att

アラモアナショッピングセンターといえば、ハワイ旅行で必ずと言っていいほど訪問先に名前が挙げられる超有名スポットです。あちこちからバスも出ているのでここならアクセスも楽です。

AT&Tのショップに着いたらまず入り口の店員に声をかけましょう。とりあえず入口近くの店員をスルーして奥の端末だけ触ってみるのもいいですね。日本で数少ないWindows PhoneやBlackBerryも置いてあります。

入口の店員に“I’d like to have a pre-paid SIM card?(プリペイドのSIMカードが欲しいです)”と一言言えば通じます。英語に自信がなければ単刀直入に”I want a SIM.”でも大丈夫でしょう。”Wait.”とか”Have a seat.”とか言われたら椅子に座って待ちましょう。

担当者が来たらテーブルで手続きが始まります。そうしたら”Do you have any smartphone?(SIM用のスマートフォン持ってる?)”と聞かれるので持っているならそれを渡しましょう。もし持っていなければAT&Tの欲しい端末を伝えます。

あとはAT&Tの店員さんがiPadを使って手続きを進めてくれるので余裕があれば雑談でもしながらしばらく待ちましょう。

途中、契約するプランも聞いてくるので自分の用途にあったプランを選択します。困ったら45ドルのプランがおすすめです。このプランは音声とSMSが無料、1.5GBの高速データ通信が利用できるので旅行には十分です。

AT&T-GOSIM2

通信さえ確認できればあとは支払いをするだけ。”How”とか”Payment”とか聞かれたらクレジットカードを渡して終わりです。

おまけ:店員さんが優しかった

僕の接客を担当してくれた店員さんがかなりいい人だったので、その時のやり取りを簡単にここに書きたいと思います。

まずSIMを持っているか聞かれた時にZenfone 2 Laserを出したのですが、どうやらZenfoneユーザーは多いらしく、観光客がよく持ち込んでくるそうです。

また、”Where are you from?(どこから来たの?)”と聞かれたので”From Japan.”と答えたところ、”My girlfriend is Japanese. Do you know Shiga(滋賀県)? She is from Shiga.”とのことでした。そのあとは大阪の話で盛り上がり、最後は笑顔で握手してお別れしました。

フレンドリーな店員さんだったのでとにかく契約の間退屈しないで済みました。店員さんには感謝です。また行けたら会いたいですね。

終わりに:手続きは簡単!

簡単に流れを書くとこんな感じです。

入店

入口の店員さんにSIMが欲しい旨を伝える

担当者が来たらついていく

プラン選択

支払い

とまあこんな感じですね。

映画が苦手な方は少しコワいかもしれませんが、せっかく海外に行くんですから、一つ思い出作りだと思って契約してみると面白いかもしれません。国内に帰ってからの話のネタにもなりますし。

せっかくの旅行なんだからデジタル機器から離れるべきだと思う方もいるでしょうが、見知らぬ地で存分に旅を満喫するにはその情報を仕入れる道具が必要になるわけで、やっぱり最後には手元で簡単に検索できるのが一番なんですよね。

海外でもスマホを使って写真をシェアしたり、現地の情報を収集したいという方は是非契約してみてはいかがでしょうか。

それでもやっぱり契約するのが怖いという方はWi-Fi端末を借りて渡航先に持っていくのも手ですね。

Wifiレンタル

スポンサーリンク
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ