iPadとデジカメ間の画像転送にこれ!AppleのUSBカメラアダプタ

両手のカメラとレンズ、合わせて泥沼。南無~。

どうもこんにちは。今回の記事ではUSBカメラアダプターの開封、iPadとRX100の接続について書いていきたいと思います。念願のRX100との接続で、まさかあんな予想外の結果になるとは思ってもみませんでしたが、そのことを含め、購入の経緯から接続までを書いていきます。

スポンサーリンク
レスポンシブ

Apple USBカメラアダプタ

iPadに画像を直接転送したい。でも初代RX100にはWi-Fi機能がない

rx100-2

iPadを画像ビューワーとして活用している方も多いと思いますが、出先で撮った写真をその場で取り込んで大画面で確認できるのは大変便利です。ある時ふと僕は、最近買ったRX100の写真(画像)をサッとiPad Air2に転送して、すぐピントやブレのチェックできたらいいなと思ったわけです。

しかしRX100にはiPadとの無線による画像転送のためのWi-Fi機能が付いていません。仕方がないからそれなら、いっそカメラから直接有線でiPadへ送ってしまえと考えました。

持ち歩きしやすい大きさ

CameraAdapter8

このアダプタ、Apple Online Storeにてお値段3500円でした。(わーお、なんてぼったくり価格なんだ!)

軽くて持ち歩きに不便することはなさそうです。

いざ接続!……あれ?

接続は簡単、カメラのUSB端子に刺したUSBケーブルをアダプタのUSB側に刺して、もう片方の端子をiPad Air2のLightning端子に刺すだけ。USB側はこんな感じ。フルサイズのUSBです。

CameraAdapter7

さてこれで接続。よっしゃこれで念願の転送だ!と思いきや…

あれ?え?

CameraAdapter1

マジかよ……消費電力て……。

CameraAdapter2

うわーまじかー。

ということで今回の接続転送の目論見は失敗に終わってしまいました。

しかしクソ高いオプション品をもう買って開封してしまったので、この程度ではまだ転送の夢を諦めきれない僕。

というわけで、次回は接続できるカメラや、カードリーダーの検証をしていきたいと思います。(追記 9/15:記事の続き書きました↓)

AppleのUSBカメラアダプタと各種SDカードリーダーの相性を検証!
スポンサーリンク
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ