iPadでお絵描きしようとEvernote Marketでスタイラスペンを買ってみました

jotscript

iPadを買ってからしばらく使っているうちに、iPadでお絵描きしてみたいなあという欲が出てきました。元々、Evernoteを使ってメモをとることに憧れていたため、スタイラス買っちまおうと思ったわけです。物をデジタルで全部管理できたらなんかカッコイイなあって…。そこでペン先が細いスタイラスを探してみたんですが、ワコムのfinelineとadmitのJotScript with pixelpointくらいしかなく、今回はEvernote版が出てるJotScriptを買ってみました。

スポンサーリンク
レスポンシブ

JotScript Evernote Edition

・開封の儀

これがJotScript with pixelpoint Evernote Edition(8200円)です。ペン先がボール型のものと比べて格段に書きやすそうです。

jot

まず上蓋を開けて、単4電池を差し込みます。新品はもともとテスト用のものが入っているので、絶縁テープを剥がすだけで終わりです。

ペンの真ん中にあるボタンを押して電源オン(上)にします。

jot

電源がついた状態でボタンを長押しすると電源オフ(下)となります。

jot

・ファーストインプレッション

ちょっと使ってみて分かったことは、よく線が途切れてしまうということです。速く線を書こうとするとすぐに線が途切れてしまいます。また、ゆっくり書いていてもしばらくして線が途切れます。

これを試しているのが冬なので静電気の影響も少なからずあるのかもしれませんが、季節に関係なくメモを素早くとろうとするときは少しイライラするかもしれません。

今回は開封及びファーストインプレッションをお届けしましたが、いずれ詳細なレビューを書きたいと思います。対応アプリなんかも書くつもりです。次回もどうかご覧ください。

スポンサーリンク
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ